HOME
初めての方へ
 
料金案内
 
お問い合わせ

 
たなか鍼灸整骨院
 医院のご案内 
たなか鍼灸整骨院

 
スポーツ障害

 
スポーツ障害について
スポーツ障害 野球・サッカー・テニス・ゴルフ・陸上競技等のスポーツにより、肩や肘などをスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。

腱、靭帯またはその付着部、関節軟骨をはじめとする関節構や骨組織などに繰り返しの負荷が加わることにより、これらの組織やその周囲に炎症が生じたり、組織自体の変性をきたすものです。

主なスポーツ外傷
陸上短距離・野球:肉ばなれ。
バレーボール・バスケットボール:突き指。
アメリカンフットボール・ラグビー・相撲:頸椎(けいつい)損傷や頸部(けいぶ)捻挫。
ラグビー・アメリカンフットボール:鎖骨(さこつ)骨折、肩鎖(けんさ)関節脱臼、肩関節(かたかんせつ)脱臼。
バレーボール・バスケットボール・ラグビー・サッカー:膝関節靭帯損傷、足関節捻挫。

 
疲労骨折
疲労骨折とは?
通常の負荷では骨折を起こさない程度の外力が、正常な骨の同一部位に反復して加わることによって骨組織の結合の中断を起こし、最後には明らかな骨折を生じるものです。
骨折」というと、障害というよりも怪我のようなイメージですが、「同一部位に継続的に負担がかかり起こる」ことから、障害として扱います。



疲労骨折の部位
肋骨(ろっこつ)、肘頭(ちゅうとう)、鎖骨(さこつ)
尺骨(しゃっこつ)、脛骨(けいこつ)、腓骨(ひこつ)
大腿骨(だいたいこつ)、骨盤(こつばん)
中足骨(ちゅうそくこつ)、足根骨(そくこんこつ)
疲労骨折

 
▲Topヘ